2017年06月26日

イエメン、コレラ大発生

イエメン、世界最悪のコレラ大発生 20万人感染

国連は24日、中東・イエメンで続くコレラの集団感染は世界最悪の規模に拡大していると警告した。ユニセフ(国連児童基金)と世界保健機関(WHO)が共同声明を発表し、内戦の続くイエメンの感染者は20万人を超えたと推定されると明らかにした。
ユニセフとWHOによると、これまでに1300人以上が死亡。その四分の一は子供という。感染者の数は1日に5000人のペースで増え続けており、犠牲者の数はさらに増えると懸念されている。
両機関は、「世界最悪のコレラ発生に直面している。コレラはわずか2カ月で、戦いに引き裂かれたこの国のほぼ全ての県に蔓延した」と指摘する。

イエメンでは2年前から、サウジアラビア主導の連合国の支援を得た政府軍と、イスラム教シーア派の反政府勢力「フーシ派」との内戦が続いており、このため国内の医療や水道、公衆衛生などの態勢が破綻(はたん)しつつある。

フーシ派は首都サヌアを含め、国内のかなりの部分を支配している。

病院は患者であふれ、深刻な食糧不足のため国民の多くが栄養失調状態にある。栄養状態の悪化から、特に子供の感染抵抗力が弱まっている。
国連は、住民を戸別訪問して、掃除と飲料水の安全な保管によって自衛する方法を伝える即応チームを派遣する方針だが、清潔な飲料水は乏しい状態だ。
コレラは、コレラ菌に汚染された食品や水の摂取で起きる、急性胃腸炎。感染者ほとんどは、発症しないか、発症しても軽症で済むが、劇症の場合は治療しないと数時間で死に至る場合もある。
イエメンでは内戦によって人口2800万人のうち1880万人が、人道支援を必要とする状態になった。700万人近くが飢餓寸前の状態にある。


(英語記事 Yemen faces world's worst cholera outbreak - UN


イエメン共和国(イエメンきょうわこく‎)
通称イエメンは、中東のアラビア半島南端部に位置する共和制国家である。
ただし、インド洋上の島々の一部も領有している。


紛争開始から2年−深まる危機・・ユニセフ


posted by sanchez at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トランプ村

インド小村を「トランプ村」に改名、慈善団体が募金集めPRで

[マロラ(インド) 23日 ロイター]
インドでトイレ普及活動を手掛ける慈善団体がトランプ米大統領の知名度を募金集めに生かそうと、
北部ハリヤナ州の小村マロラを「トランプ村」と名付け、同氏の顔写真入りの標識を設置した。

「スラブ・インターナショナル」というこの団体は、
これまでにインド全土で150万個のトイレを設置したという。

団体創設者は、標識の設置がインドにおける重大問題の啓発につながればと期待を寄せ、
「このような働き掛けが富裕層や企業、その他の寄付者を動かす可能性がある」と語った。

「改名」は純粋に象徴的なもので、地図などには従来の地名が引き続き記載されるが、
住民はこれを受け入れるとしており、恩恵に期待を寄せている。

ただ、米ホワイトハウスやトランプ一族からは許諾を得ていないという。

国連の推定によると、インドでは人口の半数が屋外で排泄しており、
コレラや赤痢、腸チフスなどに感染するリスクにさらされている。





posted by sanchez at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モンゴルで大統領選

経済政策争点に三つどもえ

【北京時事】
モンゴルで26日、エルベグドルジ大統領の任期満了に伴う大統領選の投票が行われた。
即日開票され、27日午前にも大勢が判明する見通し。

昨年6月の国民大会議(国会に相当)選挙で大勝し、
第1党となった人民党が民主党出身のエルベグドルジ氏に代わり、大統領ポストも確保し、
安定した政権基盤を構築できるかが焦点だ。

 与党・人民党の候補はウランバートル市長や首相などを歴任した大物で、
党首のエンフボルド国民大会議議長。
民主党はバトトルガ元工業・農牧業相、人民革命党はガンバータル氏が出馬し、
三つどもえの争いとなっている。

 過半数の票を得た候補がいない場合は、上位2氏による決選投票が行われる。
エンフボルド氏が優勢とされるが、過半数を確保できるかは不透明。
初の決選投票にもつれこむ可能性も指摘されている。

 巨額の財政赤字と債務に苦しむモンゴルは人民党政権の下で
国際通貨基金(IMF)の金融支援を受け入れた。

さらに、人民党は経済改革を進めようとしているが、民主党はこれを批判しており、
経済政策が大統領選の争点の一つとなっている。




posted by sanchez at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする